悠々日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ubuntu12.10 apt-getのプロキシ設定

windows上のVMware PlayerでUbuntu12.10を仮想化した際、システム設定でプロキシを設定しただけでは、apt-getが出来なかった。

export http_proxy="http://proxyURL:ポート番号"
で環境変数を設定してもダメだった。

そこで、/etc/apt/apt.conf.d/80proxyというファイルを作成し、以下のように記述した。
Acquire::http::proxy "http://ユーザー名:パスワード@ホスト名:ポート番号/";
ユーザー名とパスワードは省略出来る場合は記述しなくても大丈夫。

これでapt-getが出来るようになった。

システム設定のプロキシ設定はシステム全体に適用される感じなのに、なぜaptには適用されていないのかわからなかった。
因みに、/etc/apt/apt.cof.d/内の設定は、あくまでaptに対しての設定であり、ブラウザなどには反映されない。
スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<windowsでlinux上のNFSをマウントする | ホーム | Perl 二次元配列の列の要素数の出し方>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。